待合室

10,000例以上の
豊富な検査経験。
やさしく丁寧に。

下部内視鏡検査大腸カメラ

下部内視鏡検査(大腸カメラ)は 肛門から内視鏡を挿入し、直腸から盲腸に至る大腸全体に生じた病変を直接観察する検査です。大腸カメラでは大腸癌、大腸ポリープ、炎症などの有無を調べることができ、必要に応じてポリープの切除や組織の一部を採取します。また、潰瘍性大腸炎クローン病の治療方針決定にも役立ちます。

01検査予約

  • 内視鏡検査は予約制となります。診察時、またはお電話にて事前にご予約ください。

02検査前日

  • 大腸に食べカスや便が残ると、粘膜をしっかり観察できません。前日のお食事には充分注意して下さい。朝・昼・晩とも消化の良い食べ物を摂取して下さい。
  • 検査前日、避けていただきたい食べ物
    • 果物、茸類、海藻類、野菜、豆類、こんにゃく、玄米など
    • 繊維の多い食品や消化の悪い食品
    • アルコール・香辛料など刺激の強い食品
    • 普段から便秘気味だったりお通じが固い方は、大腸の洗浄に時間がかかりますので、3日程前より上記のような消化の悪いものは摂取しないで下さい。前日の夕食を20時までに済ませ、以後固形物は食べないでください。水分は多目にお摂りください。(果実入りのジュースや乳飲料は避けて下さい)
  • お薬について
    • 検査前日の21時頃、下剤(ラキソベロン)1本をコップ一杯の水に入れお飲み下さい。
    • 普段から下剤を服用されている方は合わせてお飲み頂いて結構です。また常用薬は通常通りお飲み下さい。

03検査当日

  • 検査当日の朝は食事はしないでください。
  • 糖尿病の薬は飲まないでください。それ以外高血圧・心臓病等で毎日欠かさず、薬を飲まなくてはならない方は、当日6時頃服用してください。現在内服している薬、注射(インシュリン)などはすべて持参して下さい。
  • 大腸の検査は、前処置(腸の中をきれいにする)に時間がかかります。来院後より、下剤を飲み始めていただきますが、実際に検査をするのは午後になります。
  • 検査着へ着替えていただきますので、着脱のしやすい服装でおいでください。また、検査後にお腹が張ったりすることもありますので、お腹を締め付けるような服装(腹巻き、ボディースーツなど)は避けて下さい。また、替えのパンツを一枚準備しておいてください。必要な場合もあります。
  • 来院後、約2リットルの腸洗浄剤を飲んでもらいます。約1リットル程を1時間位で飲み、残りの1リットルを1時間かけて、ゆっくりしたペースで飲んでいただきます。
  • その後、何度もトイレに通い、便の色が薄い黄色から透明の水溶性になりましたら看護師に伝えてください。便の状態を確認させていただきます。
  • 検査の順番が来ましたら、左手に点滴を入れ、検査室にいきます。(点滴は検査の間ずっと続けています)
  • 便の出具合によって検査の順番が前後することがありますのでご了承ください。
  • 検査準備が整いましたら、検査用のパンツに履き替えていただきます。
  • 指輪、ネックレス、ピアス、時計、ヘアピン、眼鏡、下着等金属のついているものは全てはずして検査を行います。
  • 検査中も看護師がそばにいますので、何かあれば遠慮なくおしゃってください。

04検査が終わったら

  • 内視鏡検査の際には大腸の中に空気を入れて観察します。検査後しばらくの間、おなかが張りますが徐々にガスが出て楽になります。
  • 検査時に腸の中を見やすくするために青色の液(無害)を散布する場合あります。後で尿や便に色がつくことがありますが心配ありません。
  • 腸の動きを抑える薬や状況によっては痛み止めの薬等を使います。ご自分での車の運転はしないでください。

05注意事項

  • アレルギーのある方は、検査前に必ずお知らせください。
  • 喫煙は避けてください。
  • 内服薬の種類によって検査日より数日から1週間程度の中止期間が必要となります。(ワーファリン、バイアスピリン、バナルジン、プレタール、ペルサンチン、エパデール、オパルモンなど)
  • ご不明な点がありましたら、お問い合わせください。